スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

江ノ島と藝祭

今日はYOUR SONG IS GOOD土屋アンナさんのライブを観に江ノ島展望台へ。ふもとから見上げる展望台。と、遠い!(絶句。。。)
そういやかなり前に歩いて上った記憶が。かなり時間かかったような。
けど行かなきゃ見れないわよね?ね?という訳で覚悟して上る、いや登る!

少し進んだところで「エスカー」なる表示。「むむ!これは上までの早道!」
と言う訳で早速チケット購入。ロープウェイの様なものと思っていたけど
名前の通り「エスカレーター」なのね。これ。

ゲートに入る→エスカレーターに乗る→降りる→少し外を歩いてまたゲートに。
の繰り返し。4回位あったかなぁ。要は直通じゃない訳です。
最初「いつになったら乗り物出てくるのよー!」とか思ってた(笑)

着いたら風が心地よく、地面に座ってのーんびり。いい気分。
楽しくイベントを見てたけど、一番観たかったユアソンの時にどしゃぶりの雨!
わーん、こうなったら関係ないわっ!

終わって傘さしてたら「せっかく傘持ってるのにずぶぬれだね(笑)」って
見知らぬ人から笑われちゃったけど、楽しかったから踊っていたかったんだもーん!
傘さして踊ったら周りの人に迷惑だしね。あと後ろの人見れなくなるし。
とにかく居心地の良い楽しいイベントだったよ~☆

んで!その後急いで電車に乗って藝祭へ。服が乾いてないから冷房が寒いの!
でも早起きだったし眠くなって寝ちゃったけど(笑)

芸大に入るのは初めて!ワクワクする。
と、突然入り口でオペラみたいに歌う人アリ。度肝抜かれた!(笑)
なんかみんな屋台みたいにそこら中で音楽を奏でてて面白い。
駅でギター片手に歌ってるストリートの人とかが混じっててもこりゃ分からんわな。

早速第2ホールに入って着座。お友達の渡邊一毅くん(クラリネット)のコンサートを観る。
ジャン・ミッシェル・ダマーズという作曲家の作品を演奏するというテーマで
渡邊くんが企画・演奏のコンサート。

全部で5曲。各曲ごとに楽器の組み合わせが変わるように選曲されていたので
目先が変わってとても親しみやすい構成でした。
フルートの四重奏、ハープ、クラリネットのカルテット、ピアノにオーボエ!

オーボエとクラリネットって凄く音が綺麗に響き合うんだなぁ。良く溶けるかんじ。
前に読んだ、ドン・セベスキーのアレンジ本にもそういう事が書いてあったな。
もう一度読み直してみよう。

ソロでフルートを吹いていた古田さんの演奏が凄く好きだった。
1フレーズから次の2フレーズに移行する時。
1の終わりと2の頭が凄く丁寧に気持ちを込めて演奏されてるところが。

息継ぎ一つ分しか無い隙間なのに、何故あんなにパチっと切り替えられるんだろう?

終わりを終わりとして吹く。始まりを始まりとして吹く。
もちろん大きくみれば全体は繋がっているから、その大きな流れは保ちつつ。
あまりに1個のフレーズが独立しすぎたら、
大きな流れが感じ取れなくなっちゃうものね。

それって自分でやろうとしてなかなか出来ない事だから素晴らしいと思った。
鍵盤って息継ぎが必要無い楽器だから、より意識してすべきかなとも思うし。
演奏する時は歌いながらしてるんだけどね。

久しぶりにクラッシックの演奏を聴いて幸せ気分☆素晴らしかった!
今日は一日満喫のリエでした☆(^_-)

monthly-archives.gif

categories-archives.gif

recent-entries.gif

appendix.gif

ROUND TABLE

roundtable

ROUND TABLE official web

FC2Ad


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。